●○Selfish○●
その日がいつか来るなら   その時ももしキミがいるなら Only one この世で The only one 誰よりも幸せと周りにも言えるように...
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れないよ。
2005年 09月 12日 (月) 20:49 | 編集
今日は、美並のちょっとキモイココロの内を書こうと思います―――笑。


『今日でうち18歳になって一ヶ月記念だから笑』
はるかとダベってるときの会話。
「アタシ、あと10日で別れて一ヶ月だから笑」


『美並スゴイね。一ヶ月まだたってないのに立ちなおってるね』

って言われてみればそうかも。笑
立ちなおったっていうのかねー。
ウン、立ち直った・・・んかな?これは。
もう、だいぶ考えなくなってきたし
これが、この毎日が当たり前になってる。
ハッとしたよ言われたとき。



今までは、彼氏と別れた時はずーっと落ちてた。
元々彼のときは、一年半もひきずった。
それはきっと、納得のいく別れじゃなかったから。
自分の気持ちの整理がつかないまま強がってサヨナラして
アタシの気持ちだけ取り残されてたから・・・・かな?


でもね、今回は。
結構自分の気持ちも整理ついてて、納得もしてて。
別れ方も、悪かったわけじゃなく寧ろよかったと思うし。
直後はつらくてつらくて仕方なかったケド
またこうやって普通の日常は戻ってきたわけで。


アタシのこころは 強くなったのか痛みに鈍くなったのか。
あまりのショックに忘れちゃったのかな。笑
それは、ナイね。


だって、昨日ちょっとだけ切なかった。
忙しい時間の合間をぬうようにして行った場所。
ここで交わした会話も、そのとき感じた幸せも
まだリアルに覚えてる自分がいました。
タワーから見た夜景、花火、雪景色。
生まれて初めて持った、彼氏とのペアリング。
結構其れ夢だったから笑、うれしかったんだぁ☆☆☆
夜景見ながらリングはめて、ニヤニヤとまらなかったっけ。
照れたのとうれしいのとでいっぱいだった。
人目を盗んでこっそりしたキスも
夜景を見てるァナタの横顔も
その一瞬一瞬 すべてがいとおしく感じた



さりげなく、ほんとさりげなくだけど
いつもつないでた手
頭くしゃくしゃってする手
強く抱きしめる手
ほっぺぐちゃってつぶす手 笑。
全部、ほんっと全部だいすきだったんだぁ。
おっきぃ手。キレイな手だったな。



初詣、あんな寒い中よく行ったよね。笑
周りにいる人なんて気にせず
カウントダウン、0になったその瞬間年越しキスしたりw
ねぇそれもまた夢だったんだよ?
あたしの、バカみたいな些細な夢を
こうやってひとつずつ叶えてくれてありがとう。


幸せを、ありがとう。
きっと、しばらくタワーには行けない。
なんだかんだいって思い出がつまりすぎてるから。。
一人で行ったら確実にそこから飛び降ります(マテ


そう、ただ平穏な日常が戻ってきただけ。
出会う前の。

違うね・・・もう、出会っちゃったんだもんねアタシたち。
その事実は、消しようのナイ真実なんだ。
消したくナイ事実、消せない記憶。
たくさんの幸せと、たくさんの愛情と
乗り越えてきた困難の数、ケンカの数
くしゃくしゃの笑顔、ちょっとスネた顔
甘えんぼなァナタ、大人っぽかったァナタ


ねぇ 全力で受け止めてくれてアリガトウ。
いつも泣き虫でワガママで頼りなくてごめんね?
これからは、強くなるつもり
ァナタも隣にいないしね
だけど、本当に大丈夫だから。
もう心配なんてしないでね。













たとえァナタの記憶からアタシが消えちゃっても
アタシはきっと、きっとこの先も覚えてる。
何年たっても、この恋を忘れない。




スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ●○Selfish○● all rights reserved. designed by polepole...
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。