●○Selfish○●
その日がいつか来るなら   その時ももしキミがいるなら Only one この世で The only one 誰よりも幸せと周りにも言えるように...
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年 09月 18日 (日) 22:33 | 編集
昨夜 また夢を見ました
幸せだった時間の夢
おきて一番最初にアタシを襲ったのは
ぽっかり空いた穴の大きさを痛感する苦しいくらいの胸の痛み
そして夢から現実に引き戻された虚しさ



夢の中で
ァタシたちは
そう、恋人だった。
何事もなく過ぎていく時間
二人一緒に過ごした時間は幸せすぎるくらい
夢から覚める前のほんの一瞬
彼が昔ァタシに言ったことばを
もう一度、彼は言っていた

『美並を幸せにできんのは俺しかイナイから、何があっても離れんなよ』



何言ってんだかぁ。笑
なんか・・・マンガみたいな話w
だけど、こんなことってほんとにあるんだ―
アタシ一応現実主義者なんだけどな?ww

デモ・・・ねぇチョットさぁ。タイミング悪すぎるんじゃないの?
ここで目、覚まさせないでよ。
寝覚め悪いったらありゃしないよ。
まだ ハッキリ、ちゃんとハッキリ覚えてる
彼のあの言い方、ちょっと照れながら笑う仕草・・・

あーあ、フッ切れたのになーせっかく。
忘れてたのに、こんなこと言われたのだって。
もう一度、あの感覚を戻さないで
もう涙なんて出ないってくらい泣いたのに
残酷だよね
うまくいかないもんだね。
朝は せつなさといとしさで胸がいっぱいだった。
それもだんだん薄れてきて・・・
今に至るわけだけど。
アタシ、これ強がってるのかな?
でもね、今は本当に大丈夫なんだ。
朝は辛かったケド・・・今は平気なの。
おかしいなぁ。。
(o´Д`)ノ'`ィ<先生、ょくわかりません。



夜が来るのが怖かった毎日なんて、もうイラナイよ。
深層心理は覚えてる
自分で鍵をかけたはずの箱の中にある
数々の言葉たち。
こんな形で不意に思い出すなら
いっそ箱ごと壊してしまえたらいい


平穏な毎日を壊さないでほしい
ァタシはもう強くなったんだから。







相変わらずキモイこと書きますね自分(´_ゝ`)クッククク 誰
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ●○Selfish○● all rights reserved. designed by polepole...
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。