●○Selfish○●
その日がいつか来るなら   その時ももしキミがいるなら Only one この世で The only one 誰よりも幸せと周りにも言えるように...
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6:00PM
2005年 09月 21日 (水) 19:35 | 編集
もう陽が落ちるのが早くなってきました。
6時過ぎ、外に出たらもうほとんど暗くなっていました。
風も、やっぱりもう冷たくなってきていて
秋が来たんだなって感じられる日でした。


今日は麻美とカラオケのあと、バイト先にちゃりんこを取りに行きました。
昨日雨で迎えにきてもらって、チャリ置いて帰ったんですね=3
駅からバイト先までは歩いて15分くらぃなんですケド
帰りのその15分間 ァタシはまた色々思い出しちゃって。
ぁはは。アタシゎばかですか?笑


自転車こぎながら思い返していたのは
部活のあと二人で帰った日のこと。
8時過ぎに学校出たときの今時期の風は
とっても冷たくて
だけど隣にはァィツがぃたワケで。
『寒いー><』っていいながらも
つないでる手はあったかかった。



ァタシのカーディガンのすそに手つっこんで
「あったけぇー」とか言ってたり。笑
そで伸びるってw
学校から駅までの15分間は、ァタシにとって大切な時間でした。
ァイツにとっても、そうだったらいいなと思う。
ほぼ①年間、一緒に帰った通学路には
たくさんの想いが詰まっています。



けんかしてスネたことも
泣いたことも
仲直りのキスも
公園でずっと話してたことも
歩いてるときはどんなときでも手つなぃでた。
チャリンコ片手で押させちゃったょね笑ごめんね。笑



ちょっと冷たい風の入ってくる玄関で
ァイツのこと待っててて。
そうだ、そうだったんだよね。
また不思議な感覚にとらわれるよ。笑
ぁのころは、アタシ達 まだココロ通ってたょね



6時の秋の風も空も、何ひとつ変わってない。
変わってしまったのは、二人の気持ちだけ。
そして、二人の関係だけ







スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ●○Selfish○● all rights reserved. designed by polepole...
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。